FC2ブログ

CANADA

カナダに来てはや一週間。

もう慣れたような、まだ不慣れなような。


でも、やっぱ思ってた通り英語が喋れんくても全然生きてけるわってこと♪


まあ、しっかり毎日勉強はしてますが。。

これから、今からの努力次第で人生大きく変わる気がする。

やから、しんどくても一生懸命頑張ろう!!
スポンサーサイト



友達

今週末からカナダに行くからって、平日にも関わらずしかも月曜にも関わらず、5人も集まってくれた!!

みんな心配しながらも、気持ちよく送り出してくれたからホンマ嬉しかった。

良い友達に巡り合えたなぁ~って。


ホント、自分の人生で他人に唯一誇れるものがあるとしたら、『人』という言葉に限る。

家族、友達、先生、会社の人達、係わる全ての人に恵まれてたって思う。

オレ自身はアホかも知れんし、かっこいいわけでもない。

ただ、ホントに人に恵まれてるって事は誰にでも胸を張っていう事が出来る。


人に生きる、これが人生において一番大切にしないといけない事だと思っている。

人と人の出会いは巡り合わせで、偶然でもなければ奇跡でもない。

それはもう必然であり、運命なのだと。



例えば、何かの事故で若くして亡くなったり、被害に遭う人がいる。

でも、それは運命で初めから決まっている事なんだ。

その時、その人が、たまたまそこにいたんだけど、それはたまたまじゃなくて、そうなる事が必然であったんだと。

不意に何かのニュースを見ている時に、おばあちゃんがそう言った。

その人は、その人の運命の中で生きていて、そこから抜け出すことは出来無い。

おばあちゃんが亡くなったのは、それから数年後、おじいちゃんの後を追う様に、おじいちゃんの死から1年後の事だった。


何か運命を司るものがいるなら、何故そんなに早く二人を連れて行ってしまったのか。

それが彼らの運命やったとしても、その家族である僕等の悲しみは余りに大き過ぎる。

神様にどれだけお願いしても、病床についたおじいちゃん、おばあちゃんを良くする事は出来なかった。


結局、神様なんていない。

どれだけ祈っても、願っても、そんな存在はどこにもいない。

だから、僕らは日常を大切に大切にして、生きなきゃいけないんだ。


ただ、神様は一人一人の中にいるのだと思う。

神様は願い事を聞いてくれる訳じゃないけど、それぞれの信じる自分の気持ちの中に、存在するのではないかと。


それに気付いた時は残念な気持ちもあったけど、自分が自分を信じたり、努力したりする事が結果となって現れるから、それが一番大事なのではないか。
例えそれで最悪な結果になったとしても、納得が出来るんじゃないかと思う。

いや、そうしないと納得なんか出来るはずない。


だから、宗教って凄く大事だと思う。

同じ思想の中で信じ合えるものがあるっていうのは心強いものだと思う。

弱いから信じる神を作るんじゃなくて、弱い自分を常に導いてくれる指標となるのだろう。



ミスチルの花という歌は凄く好き。

負けないように、枯れないように、笑って咲く花になろう

心の中に永久なる花を咲かそう 咲かそう


そして、その曲にはサブタイトルが付いている。

『死を想え』

という意味の。 








準備

準備って結局は間に合う。

けど、時間を持て余してまで早くしない。

というか、何か足らないような気がして。


何でもそうなんやろうけど、早め早めにする様に心がける事しかないのだろうか。

時間を持て余して、やった課題って手抜きに感じる。

真面目な日本人気質なんかな~。


準備も疲れるわ~。

カナダに行くわけ

いよいよ、残り一週間となってしまった日本での生活。


自分で選んで行くんやから、当たり前なんやけど。


考えたら、オレがホンマに海外で生活するぐらい長くおるなんで思わんかったな~。

だって、日本大好きやもん(笑)



高専の最後に行った1年の航海実習で、何カ国か外国に行ける事が出来た。

言葉が通じんから、恐いなぁ~って思ってたけど、言葉が通じた時の嬉しさもまたあった。

英語を話せることで世界が広がると思った。

そして、外国人の気さくさ。

町並みも日本には無いぐらいユニークで、ゆったりしてる。


時間の流れもゆっくりしてて、日本みたいに忙しいって感じが無かった。

世界一周して、日本に帰って来た時は、日本ってホントに忙しい国やったもん。

街が忙しい、人がせかせかして、何故そんなに必死なん?って。

僕らは一緒の時間の流れを持っているのに、日本は時間を管理してるっていうより、時間に管理されてる気がする。


確かに、そんな几帳面なぐらい真面目な日本人の気質、国柄は凄いなって思う。

だけど、仕事に人生の中心を置いてるって人はそれでいいかもしれんけど、趣味に生きたり、家庭に生きたりする人にとって、それは苦痛じゃないかって。

まあ、『人生仕事』って人がいるから、この社会がちゃんと回ってるわけで、その人らの仕事の要求に応えてたら慌ただしく働かないかんなるかも。


それが嫌なら海外に住めよってなる。けど、そんな勇気ないし、それは嫌。

だって、日本ほど便利な国って無いもん。


自分の故郷(言い方おっさんっぽい)、地元は都会でも無く、便利な街じゃないけど、街の雰囲気、時間の流れ、空気が合うから、心から落ち着く事が出来る。

自分意識しなくても。

オレは日本に生まれて、日本に育ったから、やっぱグローバルな視野で見ると日本が好きって言える。


海外は知ってたらいいけど、そんなに自分には固執するような魅力は無かった。



大学になって、自分の考え方も少しずつ変わっていった。

航海士になったら、海外にも行くし、外国人の船員もおるから英語が必須やなって気付かされた。


英語の勉強なんてした事無かったから、どうやってしたらいいかなんて分からんかった。

それは今でもそうやけど。


ただ、資格の勉強してたから、努力は報われるって事は知ってたし、継続は力なりって事も分かってたから、やり方はどうあれ必死にしてたら、いつか成果は現れるやろうって。


最近思うんは、メッチャ賢い子、勉強出来る子は効率的な勉強の仕方を知ってるんやろなあって思う。

例えば、技術の伝承とか、何かの技術を本にしたり、コンサルタントが人物を育てたり、会社を再生させたりする方法を定量化して技術にしてるって事は凄いと思う。


ノウハウを知ってる事は素晴らしい。

オレなんかアホやから、努力する事でしかカバー出来んのやけど。


才能は努力に勝り、努力は才能に勝る。


オレは後者を信じて、自分を動かしてる。


就職するに当たって、色々考えるとこはあったけど、外航船に乗らんかったのは英語に不安があったのもあると思う。


そして、卒業旅行でグアムに行く時の機内で友達と話してた時の事が、今の自分に凄く影響を与えていると思う。

それは、『オレらがこんなに幸せに旅行行ってるのに、世界のどこかでは食べるもんさえ無くて死んでしまってる人も沢山おるって考えたら、その人らの為に何か出来んのかな。』

結局、僕らは生まれる場所を選べるわけじゃ無いけど、日本みたいに裕福な国に生まれた事は悪い事なんかじゃ無くて、むしろ素直に喜ぶべき事なんじゃないかな。
その中で、本当に自分がそう思うなら、ボランティア活動なり募金なり形にしていけば良いんじゃないか。
自分が幸せなんやったら、他の人にもその幸せをあげないかん。
そうやったら、世界って平和になるんじゃない。

募金にしても、直接自分が現地の人達に手を貸してあげられるわけじゃ無いから、困ってるその人達の為に寄付金が直接に使われんかっても、自分の代わりにというと厚かましいが、実際に現地で働いてくれてる人達の為の給料に使われたらそれで良いと思う。


そういう会話を静かな機内で、他人の迷惑もかえりみず話してたんやけど。


日本に帰ってからは、青年海外協力隊とかボランティア団体について少し調べるようになった。


でも、その会話がずっと心の中にあって、社会人になってからすぐに毎月貰った給料から幾らかボランティア団体に寄付する様になった。

それは会社を辞めるまでの3年半ずっと続けた事だった。

定期的にその団体からは報告書が来た。

自分がしていたのは、東南アジアや南アフリカの発展途上国の子供達の教育の為にあるボランティア団体だった。


自分の想像い得ない世界がある事を知った。

教育が十分になされないのは悲しい事であるとも思った。

子供は守らなければならない。



英語を話す事で世界が広がるという事に気付いた。
自分が英語を話せないから外航船に行く事を辞めたのかも知れないというネガティブな気持ち。
将来いつか国際活動をしたいという新たな夢。
そして、海運に携わる者としては英語が必須であるという事。



そんな事を経験して、考えている内に、日本大好き人間の自分が外国に目を向けるようになった。

良いか悪いかは分からない。

だって、先の事が全く分からんのやから。

安定して高収入の会社辞めてまで留学ってする事かというと、正直そんな価値がある事と思わない。

だって、留学しても将来の自分の為の先行投資であって、留学するからって食べていけるわけじゃないし。

それならそのまま働いてて、家族作って、そこそこの生活して、普通の暮らしをして行った方が幸せなんじゃないかって。


留学なんて、本当に、ただやりたい!っていう自分のわがままやもん。


だからこそ、英語を話せるようになら、なわざわざ海外に行った意味が無い。
その為に、行くし、多くのものを犠牲にしてるんやから。


ただ、本当に自分が頑張って頑張って、喋れるようになったら、夢が次に繋がり、また新しい道が無限に広がっていく。


努力をしない者は、チャンスがチャンスで無くなる。

努力してきちんと準備しておけば、チャンスがチャンスとなり、未来を掴める機会になる。


不言実行。


これは中学校の時に書いた自分の座右の銘だ。

確かに、自分は有言実行タイプの人間では無い。

我ながらアッパレな言葉を選んでるなあって思う。

何も考えてない様な中ボーの自分が自分を分かっていたなんて。

もしかしたら、その言葉を選んだからそういう自分になってるのかも知れん。

でも、それが巡り合わせ。

人も、言葉も、歌も、場所もすべてそうやと思う。

不言実行は自分に厳しいってこと。

自分を良く知ってるってこと。



自分がする一番大事なことは、カナダに行って、次に繋がる未来を掴める様に努力する事。

もう分かってるけど、それは英語を喋れるようになること。

そう、オレならやれる。


わっしょい

他人を誉めるのは簡単ではない。

初対面の人に、良い悪いを判断出来ない。


好きか嫌いか。


でも、1回目では分からない。


何回か会う内に、だんだんその人が見えてくる。



人は人を評価出来ない。



ただ、優しい人間でありたい。

ただ、人に不快を与えないように。

もしかしたら、一生で一度しか会わない人の為に。


一度しか会わない人に、こいつと会えて良かったと思われたら最高☆

そういう人に出会えたら最高☆


この前、桂浜で親子3人で来てるお母さんに写真を頼まれた。

1歳ぐらいの子供を抱いたお母さん、と そのだんなさん。

ファインダーから覗くその親子はとても微笑んで、ついこちらまでにこやかになってしまった。

『ありがとうございました』と、その一言で、この家族に会えて良かったと思った。

多分、家では喧嘩もするのだろうけど、その時、その親子は笑っていた。



一期一会。


写真は上手く撮れてたかな??



小さな幸せを見付けられる人は、その人自身が同じ幸せの種を持ってるんだと思う。

その種を、上手く育て、花を咲かせられる人でありたい。



プロフィール

じゅんべぇ~

Author:じゅんべぇ~
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード